architecture design atelier
home  >  blog / news

Category

2021. 10 / 22 日々の暮らし ]

紅葉の那須岳と三斗小屋

2週間ほど前ですが、那須岳へ登山に行きました。

紅葉真っ盛りの中を、三斗小屋という江戸時代より続く山小屋に泊まり堪能してきました。

 

小屋では8畳間を個室にあてがってもらい、山小屋というよりは古民家に泊まっているような感覚。

評判の温泉は、浸かっているそばから身体が軽くなって山歩きの疲労が溶け出して消えていくような

素晴らしいものでした。

 

築150年の小屋は天井が低く、そのことでむしろ落ち着きます。

年季の入った梁や柱はもちろん、長い年月の上り下りで、段板の先がほどよく丸くなった階段。

触れる手すりももはや角がとれて、言ってみれば人間工学的造形そのもの。木が剥げている感じも

また味があっていいです。

サッシは木製ですが、障子と雨戸はあるけどガラス戸がない!寒いっ。でもこれも楽しい。

 

山へ行くと、いろんなことが「これでいいんじゃない?」と思えてきます。

寒ければ着こめばいいし、体を動かしているとご飯が本当に美味しい。暗くなったら寝ればいい。

何気ない生活が、山に来ると日常って結構無理しているな思わせられて、ちょっと日常をリセット

できる感じが山に来る魅力になってきています。

翌日のお昼に、茶臼岳の尾根で食べた三斗小屋のシンプルなおむすびもまた美味しかった。

これ以上にない秋を満喫してきました。

 

那須岳はロープウェイでも登ってこれるので、我々が行った姥が平までは気楽なハイキングで

楽しむことができますからどなたにでもおすすめコースです。

 

 

三斗小屋 大黒屋

 

2021. 09 / 24 日々の暮らし ]

リーチ先生を読んで。

バーナード・リーチという人のことをよく知らないなぁと、なにか関連本を読みたいなと探していて

手に取った本です。なんと小説という点にびっくり。

 

日本の「民藝運動」に大きな影響を与えた人物なわけですが、小説として描くという視点が今までに

なかった分野だと思います。最初は少し戸惑いながら読み始めましたが、次第に新鮮さと引き込まれる

文章力、民芸運動黎明期は実際にこうだったのかもと思わせる背景描写に一気に読み進める楽しい

本でした。

 

民藝運動って最初はなんかとても古臭いものとしてイメージされるんじゃないかと思うんですが、

(私はそうでした。なんかこう野暮ったいのかな?という感じ)

実際はそんなことはなく、むしろ今ある「暮らし」や「生活」の丁寧さを語り始めたきっかけのような

出来事なんだと私は思っています。

 

「日常の暮らしの道具は、長く使えて、機能的でいて、そしてそれ自体に美しさがみてとれること」

丁寧に暮らすことを大切に考える今だからこそ、その面白さが響くんだなと思いました。

また、作中にも登場する大好きな陶芸家濱田庄司さんの「濱田庄司記念益子参考館」へも

行きたくなりました。

 

news