architecture design atelier
home  >  blog / news

2019. 10 / 29 日々の暮らし ]

moiとの時間

吉祥寺に"moi"というカフェがありました。

過去形なのはおしまれつつも先日閉店したからです。

その名の通り(moiはフィンランド語で「こんにちは」)フィンランドをコンセプトにしたカフェで、

2002年に荻窪で開店し2007年に吉祥寺に移転して今年閉店を迎えました。

 

私が最初に訪れたのは、おそらくは2003年頃の荻窪時代。

そのやけに重い入口の引戸を開けると、聞いていた通りアールトの椅子が並ぶ小さなお店がありました。

今でも最初にどこに座ったか、店内の景色まで詳細に覚えています。

今でこそ”北欧”は認知されていますが、17年前は北欧コンセプトのお店は珍しい存在だったと思います。

 

以来、何かにつけて店に通うようになり常連になりました。いつもとても居心地がよかった。

そして建築学生だった自分は、いつしかこんな空間を設計する人の下で学びたいと思うようになり、

ある時、カフェオーナーに設計者であるリオタデザインの関本さんを紹介してもらい、

おしかけるようにして入所し働かせて頂きました。

2007年に吉祥寺へとmoiが移転する際には、客ではなく設計スタッフとしてわずかですが

関わらせてもらった時はとても嬉しかったのを覚えています。

moiという場所がなければ、違う道を歩いていたのは間違いありません。

巡り合わせをくれたmoiという場所とオーナーの岩間さんに感謝しています。

 

ではmoiという時間が終わったのかというと、もう次の展開がはじまっています。

"いつもとても居心地がよかった" そのmoiの本質は継続されて、とても面白い試みに進んでいます。

 

ぜひのぞいてみてください

note

喫茶ひとりじかん

 

 

 



< 前のページに戻る

news