architecture design atelier
home  >  blog / news

2019. 11 / 21 建築のこと ]

窓展

ぽこっと空いた時間を使って、東京国立近代美術館で行われている

「窓展:窓をめぐるアートと建築の旅」を見に行きました。

お目当ては建築家藤本壮介さんの大きな展示作品「窓に住む家/窓のない家」(写真)です。

初期の作品からずっと藤本さんの生み出す建築が好きです。

内側から外の世界を見る感覚がとても新鮮で楽しい空間。

 

 

美術館内部の展示も見ごたえがあります。

とくに福岡市美術館に行かなきゃ見れないと思っていたマーク・ロスコの絵が展示してあり驚きと、

「ああ、来てよかった」という幸福感を味わえました。

窓という切り口から多様な展示で楽しませてくれる。おすすめ展でした。

2020年2/2まで。

 

 



< 前のページに戻る

news