architecture design atelier
home  >  blog / news

2019. 07 / 24 日々の暮らし ]

旅がもたらすもの

愛車のミニクーパー。

特に速いわけでも、これと言って燃費がいいわけでもない。

変速機は変な動き方をするし、サッシュレスの窓は雨の日に開けるとルーフから雨が流れ込む。

ゴーカートのように足回りは固く、ろくにロールもせずにカーブを曲がってゆく。

峠道は楽しいけれど、固い乗り心地は長距離のドライブには向かない。

 

いいところは、ルックスがミニカーみたいなせいか子供の興味を引いて、

横断歩道でよく子供に手を振ってもらえて楽しいこと。ほっこりと和ませてもらえる。

 

旅行先から家に帰ってくると「家は落ち着くな」といつも感じる。

それと同じことを、旅先で数日レンタカーを乗り回して帰ってきて愛車に乗ると感じる。

この車の個性はもう無くてはならないものなのだと。

きびきびと燃費もよく走るレンタカーもよいが、クセになった車の乗り味からすると物足りない。。。

旅行から帰ってきて、愛車に乗って幸せを感じなければ車に乗る意味はない。

いつもそう思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



< 前のページに戻る

news