architecture design atelier
home  >  blog / news

2024. 05 / 31 建築のこと ]

Carpenter | 大工について

建設中の武蔵野の住宅はサッシの取付を行っています。

いわゆる木工事という段階です。みなさんの疑問によくあるのですが、家は大工さん複数人で作るんですか?というものです。

そこで、意外と皆さん知らない「大工」について書いていきます。

 

Carpenter | 大工

 

設計事務所の案件で言うと、極端に規模が大きくなければ担当の大工さんが一人で作業を行ってくれます。重量物の据え付けや、一人ではできない作業。また単純作業で手が増えた方がいい場合などはスポット的に手伝いの大工さんが来てくれます。あと工期が間に合わなくて焦り始めた時・・・これはちょっと心配になりますが。

 

基本的には木工事の期間、ほぼ毎日担当の大工さんが一人でコツコツと作業を進めて作っていきます。

一人ですが逆に木工事の全工程に精通し技術を有し、かつ作業スピードも伴っている点で経験豊富なわけです。なので尊敬の意味も込めて大工さんとは言わずに「棟梁」と呼んでいます。

 

ハウスメーカーと設計事務所の違いもたまに聞かれますが、デザイン面やクライアントの暮らし方への目線などが設計事務所の特徴ですが、大工さんも違います。規格をベースに作るハウスメーカーの大工さんとは異なり、より技術を持った方でないと設計事務所の仕事はできないので、実は作り手側にも違いがあります。

 

Company carpenter | 社員?

 

では、棟梁は工務店の社員なのか?

基本的には違います。一人親方という独立自営業者が多いです。腕がいい大工さんを工務店はいつも探しています。工務店にとっては自社のクオリティを高めるので大切な存在であり、大工さんにとっては仕事を依頼してくれるという点で、お互いに切り離せない存在になっています。

一方で、工務店が自社で大工さんを抱えている場合もあります。これは工務店的には人件費という点でメリットが生れたりします。他にも大工集団のような形式を取って仕事をしているケースもあるようです。ただ大別すると前述の2つのタイプかと思います。

 

さらにいうと、本格的な茶室などは数寄屋大工という専門性の高い方々がおり、神社仏閣であれば宮大工という、こちらもまたこの分野で高い技術を持った方々がいます。建売住宅を専門とする大工さんもいますし、前述のハウスメーカー専属の大工さんもいます。

一口に大工さんといっても、技術力・専門性でかなり分かれます。細かく言えば、持っている工具が違っているなんて点もある訳です。

 

今も花形

 

江戸時代に大工は花形の職業でしたが、今も十分に花形だと思っています。

現場で作業を見ているとやはりカッコイイです。

なりたい職業ランキングをネット検索すると59位(2023年13歳調べ)と出てきました。これは高いんでしょうか、低いんでしょうか?

58位が傭兵!?ってなっていますが・・・時代なんでしょうか・・・謎。

身近で大工さんを見ている立場からすると、もう少し高い順位になってほしくなります。

そんな気持ちも込めて大工さんについて書いてみました。

 

ここまで読んで頂きありがとうございます。

 

 

 



< 前のページに戻る

news