architecture design atelier
home  >  blog / news

2019. 08 / 23 日々の暮らし ]

シルエット

『クリスチャン・ボルタンスキー』展を国立新美術館に見に行く。

冒頭の”咳をする男”にちょっと引く。。。なかなかのダークさ。でもその後は面白い。

 

何かを鑑賞する人というのはいい。とくに暗がりで相対している感じが好きだ。

この時期の花火も夜祭も。

それはシルエットの持つ力かもしれない。

静けさに人が佇む姿かもしれない。

作品撮影OKのエリアでついシルエットを追ってしまう。

 

 

 

 

 

 

 



< 前のページに戻る

news