architecture design atelier
home  >  blog / news

2021. 09 / 14 建築のこと ]

メタボリズムの終焉

「中銀カプセルタワービル」1972年竣工のマンション。来年での解体が決まったということで

先日寄り道をして、これが見納めかと目に焼き付けてきました。

 

カプセルホテルの生みの親である建築家・黒川紀章さんの代表作。

幼い頃に見た時の違和感・異物感。特に丸窓の集合体には恐怖さえ覚えました。(今でも怖い...)

しかし、あらためてしげしげと見ているとすごい存在感で迫ってきます。

 

建築の見方は沢山ありますが、竣工後も設計者のエネルギーが消えず、逆に発散し続ける建築という

点でいうと、まさに設計者の執念のようなモノを感じずにはいられない建物です。

端的にメタボリズムという考え方を表出できた稀有な存在です。

見ていると、未来を想像することが今よりも明るくて、ポジティブだったんだなぁと思うんです。

SF的な世界観に近い建築ですから、小松崎茂(箱絵アーティスト)が描くような世界の建物で、

よく作ったなと感心してしまいます。

 

「増殖」「新陳代謝」というコンセプトを掲げた建築が増殖から減少へ。新陳代謝から都市の老朽化へ。

と50年を経て変化した時代に幕を下ろすのは象徴的だと思います。

70年代にあったようなワクワクする未来を失ってしまったんだなとちょっと寂しさすら感じて

しまいました。気軽にちょっと見て行こうと立ち寄ったのに、いろいろ考えさせられるのは、

この建築がいかに時代性をまとっていたかの証なんだろうなと感じ入ってしまいました。

 

ただ切ない話ばかりではないようです。

カプセルのいくつかは切り離されて展示されたり、第二の人生を歩むようですから、

それはそれで面白そうです。いつかどこかでカプセル内部を体験してみたいものです。

 

建物を見るのに足元もいいですが、対面の歩道橋からは上部全景が見れてお勧めです。

 

 

 

2021. 09 / 13 建築のこと ]

施主と設計者で床塗装。

先日「北鎌倉の舎」の床を、お施主さんと私とで塗装を行いました。

今回は工事予算に合わせるべく、床の塗装費をお施主さん自身で行うことで減額調整しましたので、

引き渡しとオープンハウスを終えて、この日は塗装作業というわけです。

お施主さんにお任せでは申し訳ないのと、色味の調整もあって私も加勢しています。

 

壁や天井は必ず職人さんに仕上げて頂きますが、床のオイル塗装であれば特別なスキルはいりません。

マスキングさえうまくできれば、あとは根気よく塗ればいいので、減額項目になりやすい工事です。

この日は、前日に3時間かかってご主人がマスキングしておいてくれたので、

すぐに塗装をはじめられました。おかげでとても助かりました。

 

さて、こういう時につくづく無駄になる経験とはないのもだと思うのですが、昔から手先は器用な方で

幼い頃はプラモデルにラジコンで塗装スキルを身につけ、大人になってからは趣味で車の塗装。

店舗設計時代には、竣工が迫って夜なべ仕事で塗装屋さんに交じって私も現場で塗っていました。

こうして身につけたスキルがここで生きております。

とはいえ、慣れない体勢で翌日筋肉痛です。職人さんにはかないません。

 

1階LDKはお施主さんに仕上げて頂き、こちらも上手く塗って頂きました。

ご自身で作業されたことで、この後のメンテナンスの仕方も把握してくださったので、

きっとうまく手入れをして頂けると思います。

これで引越しの準備が無事整いました。

 

 

 

 

 

 

 

news