西荻窪の家

築年数47年の中古住宅を購入、改装をして暮すという計画案。
計画の骨子は3つ。
・ 1階をワンルームとして既存の間取りを変えること
・ 耐震補強
・ 断熱改修
住宅は狭い路地沿いにあり、 大谷石の塀を見ながら鉄扉を入ると、昭和のアイコンである 暗めの釉薬を施した外装タイルの玄関あります。
室内は窓がとてもに多く、趣のある建物です。ただ耐震を考えると開放的な窓がいいことばかりではありません。
プランと耐震性を両立させ、昭和の趣はそのままにした改装計画案です。

所在地     : 東京都杉並区
主要用途 : 専用住宅
構造規模 : 木造 2階建て(築47年)
建築面積 :37.71m2/11.40坪
延床面積 : 70.83m2/21.42坪

 

12
3

 

    4       5